芝刈りも草むしりも、花の水やりでさえやらないヤツが

年に1度、張り切って庭に出て作業をする時期があった。


それは、11月。
クリスマスのイリュミネーションを、庭の木々に取り付ける。

あーでもない、こーでもない。
助手の私に文句ばかり言いながら、1日がかりで取り付ける。

ケチな性格のヤツが、数万円もする
イリュミネーションを買い揃え、点灯式までする。


ヤツが話してた。

家を建てたら、イリュミネーションを付けたい。

綺麗な灯りで、帰りを迎えられたい。

そんな暮らしに憧れているって。


そんなヤツの憧れを叶えるため

ヤツの帰る時間になると、私はイリュミネーションのスイッチをオンにして

ヤツが帰宅したら、オフにする。


寒い時期、これも私は大切な仕事になった。


時期が終わると、片付ける作業が待っている。

片付けといて!
助手の私に指示が来る。


取り付けることはするが、片付けることはしない、ヤツ。

脚立に乗ったりしながら、私はまた1日がかりで片付けてた。



そんなことを思い出した。









この家を中古で買った年、

シマトネリコの苗木を、記念樹として庭に植えた。


その木が、私の身長を越した。


今年の冬は、イリュミネーションを付けてみようかと娘と計画している。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




[PR]
# by nico_noan_asapi | 2017-07-30 01:25 | Comments(0)

先日、写真の整理をした。

離婚する時に、持って来て以来、見ることが出来なかったアルバム。


思い切って開いてみた。



家族で出かけた時、私はいつもカメラマン。

だから、ヤツと娘のツーショットが多い。


どれもこれも、私が撮った写真ばっかりだった。


ヤツの写る写真は、破り捨てようと思ったけど、
娘にしてみれば、父親との大事な写真。

私の感情で破り捨てることは出来ない。


年月を辿り見ていると

娘が小4からのヤツとのツーショットが少ない。


それだけ、出かける事も少なくなり、
何もない日常でも、ヤツと関わった時間が少なくなっていることが分かる。


少ないツーショットでも、ふたり共に笑顔はない。
カメラマンの私も笑えない時期だった。


悔しいことに、家庭事情が娘の笑顔にも反映していることが分かる。


離婚してからは、デジカメではなく
iPhoneで娘の姿を撮り続けた。


運動会、卒業式、入学式

画面を通して、娘の成長を見て来た。



私の宝。



多感な娘とのツーショットは難しく、一緒に並んで撮った写真は

東京ディズニーランドと、翌年に行った北海道旅行の時しかない。


それでも、娘の笑顔はたくさん保存されている。











ヤツは、
きっと、娘の写真を見ることが出来ない生活をしているはず。

成長の過程も知らない。
可哀想な父親。







そんな事を思いながら、写真の整理をした。


いつか、娘と思い出話をしてみたい。

あんな事
こんな事…あったでしょう。





笑いながら、語り合える日が来ますように。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
# by nico_noan_asapi | 2017-07-29 02:35 | Comments(0)

可哀想な人は誰?


娘はひとりっ子で可哀想。



長男なのに、息子がいなくて(ヤツが)可哀想。


小さなうちから、母親が働きに出て、(娘が)可哀想。


嫁が働きに出て、稼ぎが悪いと思われる息子(ヤツ)が可哀想。


ゴミ捨てさせられて息子(ヤツ)は可哀想。


休みの日に、子守させられる息子(ヤツ)は可哀想。


同じ服ばかり着せられるて(娘)は可哀想。


両親が離婚した母親(私)に育てられて(娘)可哀想。


息子は、あなた(私)のような女と結婚して可哀想。


(私)学歴がなくて可哀想。


ちょっと夫婦喧嘩しただけで、騒ぎ立てられて(ヤツ)可哀想。


警察なんか呼ばれ、犯罪者扱いされて(ヤツ)可哀想。







ヤツの母は、

なにかと「可哀想」という表現をする人でした。



ヤツは、ある意味で可哀想な人だと、私も思いますが


私と娘は、誰かに可哀想と同情されるような生き方はしてないと思ってます。





可哀想な息子となぜ一緒に住んであげないのですか?

可哀想だというのなら、なぜ息子を助けてあげないのですか?




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
# by nico_noan_asapi | 2017-07-26 22:01 | Comments(0)

ヤツと生活をしている間で、唯一贅沢と呼べたのは、スーパー温泉に行く事だった。

社宅の風呂は畳半分ほどの広さしかなく、体操座りでしか入れなかった。

風呂好きの私には、とても窮屈なバスタイム。

共通して、ヤツも風呂好きだったという事もあり、月に1度ぐらい家族で出かけることができた。

娘と女風呂でゆっくりと湯に浸かり、心も洗われるような時間。

娘も、スーパー温泉が大好きで、離婚してからも母娘で出かけることが多かった。

とは言え、年頃の娘。

気を遣う年頃になっている。


ここ1年以上、スーパー温泉には行かないとフラれる事が続き、1人で行くことが多かった。


先日、休みの日。

娘が部活から早くに帰宅した。

汗だくの娘に、温泉行く?と聞くと

うん、行くよ。



久しぶりに、娘とスーパー温泉に出かけた。


炭酸温泉がお気に入り。


横に並び、湯に浸かる。

友達の事、学校の事、部活の事などを、ポツリポツリと話してくれる。


私は、こんな時間を大切にして来た。


今までも、お湯の中でコミュニケーションを取って来た。


大丈夫。

なにが大丈夫なのか分からないけど、必ずそういう気持ちになるから不思議。







娘が反抗期で荒れて大変だった、昨年の夏休み。
あれから1年、よく娘も私も頑張って来たよね。


娘も少し大人になれてる。
大丈夫。



私も頑張れる。
大丈夫。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
# by nico_noan_asapi | 2017-07-25 23:29 | Comments(0)

【コストコ禁止】


結婚して数年後、
ヤツの友人に誘われ、初めてコストコに一緒に行った。

友人の手前もあったと思うが、

買ったら?
買ったら?を繰り返し、遠慮しながらも1万円ほどの買い物をした。

友人の前では、ニコニコ顔だったけど、
別行動になった途端




もうコストコ禁止。
調子に乗って、こんなに買いやがって!


いや、あなたが買ったら?って言ってくれたから…


じゃお前が、金払えるのか?
払えないくせに!身分を知れ!



この日、ヤツと最初で最後のコストコでの買い物になった。


大きなカートを1人で引きながら、
娘の手を引いて車まで戻る。

ヤツは、助手席を倒しタオルをかぶっている。


運転はしない、の合図。


道中、俺がどんな大変な仕事をして、給料を貰っているかを延々と聞かされた。









離婚して
何回かコストコに行った。

娘は、コストコのマスカットが大好きで、行くたびに買って帰る。


禁止されていた事を
何事もなく出来る、自由。


ホントに、今

人間らしく生活していると、実感する。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[PR]
# by nico_noan_asapi | 2017-07-24 22:23 | Comments(0)